ロゴ

水素


  • 未来を見据えて:米国政府、ガスタービンの熱効率向上と水素利用の推進に向けてからGEへ助成金

    ウィル・パルマー これまで何十年もの間、世界中の電力会社は天然ガスを燃料とするタービンを使って発電してきました。初期の発電技術よりも高効率で、CO2排出も抑えながら家庭の電力をまかな...

    readmore

  • クリーンな未来への架け橋に:天然ガスがオーストラリアの石炭由来CO2削減に貢献

    グレガー・マクドナルド 産業革命以来、石炭を焚くボイラーは世界中で蒸気を生み出し、電力を供給して産業の発展に貢献してきました。しかし、現在ではCO2排出量の多さがネックになってい...

    readmore

  • エネルギー転換の強力な助っ人:マレーシアの電力の10%を賄う発電所

    ジェレミー・K・スペンサー いずれの発展途上国も人口増に伴う電力需要の増加と脱炭素化の両立に取り組んでいます。その1国であるマレーシアは、人口3,300万人を抱え新興経済国として急成...

    readmore

  • CO2を減らす:ユニパーとGE、CO2排出量削減のために水素の利用を検証

    トーマス・ケルナー 世界最大級の電力会社であるユニパー社(Uniper)は2035年までに欧州でのカーボンニュートラルを実現する計画を2020年に明らかにしました。すでに、ユニパーは...

    readmore

  • 水素で空を飛ぶ:エアバスとCFM、水素燃料の実証実験でパートナーシップを締結

    ウィル・パルマー 航空業界の脱炭素化に向けた開発が加速しています。今週、エアバス社とCFMインターナショナル社は、水素を燃料とする航空機エンジンの実証実験に向けたパートナーシップを締結した...

    readmore

  • カーボンゼロへの道: ニューヨーク州の発電所がGEと共同で「グリーン水素」の実証プロジェクトを開始

    ウィル・パルマー  ニューヨーク州ポキプシー市から東へ30マイル(約48㎞)にあるドーバー市のその一角は、工場跡地で20年間空き地でした。昨年、クリケット・ヴァレー・エナジー・センター社(...

    readmore

メール配信メール配信