ロゴ

再生可能エネルギーとガス発電の加速的な展開により 気候変動の早期抑制が可能に

GEはこの度新たなホワイトペーパーの日本語版を発表しました。すでに2030年までに事業全体のカーボンニュートラル達成というコミットメント、さらには新規石炭発電事業からの撤退を発表しておりますが、本ホワイトペーパーは、再生エネルギー発電とガス発電の併用を戦略的に加速させることで、未来の低炭素社会への道を確保しつつ、気候変動対策を短期間で大きく進歩させられる方策を示すものです。

同ホワイトペーパー「再生可能エネルギーとガス発電の加速的な展開により気候変動の早期抑制が可能に」は、GEの数十年に及ぶ脱炭素化への取り組みに基づくもので、再生可能エネルギーとガスのいずれの電源も単独では不十分ではあるものの、うまく組み合わせることで、気候変動対策を大きく進展させるために必要な規模とペースで脱炭素化を実現できるとしています。

さらにこのホワイトペーパーでは、水素を含む低炭素(またはゼロカーボン)燃料や、二酸化炭素回収・利用・貯留(CCUS)技術を活用することで、カーボンフットプリントの削減を可能にする様々な方法がガス発電にあることも解説しています。

メール配信メール配信