ロゴ

A Defining Moment:GEがアビエーション、ヘルスケア、エネルギー分野の3社に分割する計画を発表

ホイットニー・マーサー

トーマス・ケルナー

11月9日にGEは会長兼CEOであるラリー・カルプ(Larry Culp)が「A Defining Moment」と題する計画を発表しました。GEで継続的に収益をあげているアビエーション、ヘルスケア、エネルギーの各ビジネスをインダストリアル事業に特化した3つのグローバル企業に分社化するというものです。

カルプはこの日、投資家に向けて次のように語りました。「足元が強固になったGEは、さらに新しい道に踏み出します。この数年、GEの各チームは卓越した成果を成し遂げ財務体質の改善とオペレーションの強化を行う一方で、継続的な改善とリーン方式という企業文化がより社内に浸透してきました。私たちはGEがよりフォーカスを絞ったシンプルで強靭なハイテク産業企業となるようさまざまな努力を重ねてきました。そして近年の業績に見られるように、GEの変革はさらに加速し、結果を生み出しています。」

つづいてカルプは、GEが新しい空の旅を提案し、プレシジョンヘルスを推進し、エネルギー転換をリードするために迅速に行動する責任を負っていること、また今回の発表は「取締役会および役員が熟慮を重ね慎重に行った戦略的プロセスの結論」であることも説明しました。

GEは分社化を2段階で行います。まずヘルスケア事業の分社化を2023年初頭に実施する予定ですが、「これによりプレシジョンヘルスという業界の中心を担う単一事業にフォーカスした企業が誕生することになります」とカルプは語ります。次いで第二段階として、GEリニューアブルエナジー、GEパワー、そしてGEデジタルの3部門をひとつにまとめエネルギー転換をリードするエネルギー企業に統合し、2024年初頭に分社化する予定です。

このような2つの段階を経て分社化を実施した後、GEは「アビエーション事業にフォーカスする企業となり、新しい空の旅を作り上げます」とカルプは語りました。カルプ自身は分社化の第一段階の際にヘルスケア事業会社の非常勤会長に就任することが予定されています。そして分社化の第二段階までは引き続きGEの会長兼CEOを担い、その後はGEでアビエーションビジネスを率いる予定です。

一連の分社化が完了した後も、アビエーションビジネスを中核とするGEは過去に手掛けた保険事業を含む一連の資産および負債も引き続き保持することになります。また、GEはGEヘルスケアの分社化完了後も資本配分の機動性を確保するため、引き続き株式の19.9%を保有する予定です。一方、分社化後のGEヘルスケアは独自の社債を発行し、得られた調達資金を現存するGE社債の償還資金に充当することも予定されています。

GEヘルスケアについてはピーター・アルドゥイーニ(Peter Arduini)が2022年1月1日付で社長兼CEOに就任する予定です。また、GEパワーの現CEOを務めるスコット・ストラジック(Scott Strazik)はリニューアブルエナジー、パワー、デジタルの各ビジネスを統合したエネルギー事業のCEOに就任し、ジョン・スラッタリー(John Slattery)は引き続きアビエーション事業のCEOを務める予定です。

2021年末までに負債を750億ドル以上削減する計画は順調に進んでおり、2023年にはEBITDA有利子負債倍率*を2.5倍以下にすることを目指しています。またGEは、持続的な収益性を伴った高成長のためにオペレーションの改善を推進し、2023年には1桁台後半のフリーキャッシュフローマージン*を達成する見込みです。「その結果、GEは今回の分社化計画を行うにあたって資本力に富む投資適格企業3社を設立するのに盤石な体制にあります」とGEはプレスリリースで伝えています。

カルプは次のようにも語りました。「130年近くにわたり、GEは自らが持つイノベーションのDNAを『to build a world that works』というミッションの達成のために活用してきました。そして、GEの技術的知見やリーダーシップ、そしてグローバルなネットワークを発揮して多くの壁を乗り越えてきました。これから分社化される事業は独立した企業運営が成され、それぞれの事業が持つ潜在的な力が最大限に発揮されることになります。そうすることで長期的な成長をより確かなものにし、全てのステークホルダーにとってより高い企業価値をもたらすことが可能になるのです。」

将来見通しの記述に関する重要情報についてはこちらをご覧ください。

*GAAPベースでない財務指標

トップ画像:GEとサフラン・エアクラフト・エンジン社の50:50の合弁会社であるCFMインターナショナル社が製造するCFM56エンジン。画像提供:CFMインターナショナル

この日本語版は以下の英語版の仮訳です。詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.ge.com/news/reports/a-defining-moment-ge-to-form-3-industry-leading-public-companies-focused-on-aviation

メール配信メール配信